設備案内

ファイバーレーザ複合マシンLC-2512C1AJを筆頭に
常に最先端の設備環境を整えあらゆるニーズにお答えします

LC-2512C1AJ ファイバーレーザ複合マシン

ファイバーレーザとパンチングの複合マシンを導入。
省エネ・低コストでより高効率な工程統合を実現しました。

レーザ加工エリアをテーブルキャビンとシャッターで囲うことで遮光性を実現。
周辺装置との組み合わせが容易となり、自動化によるトータルリードタイムの短縮を実現します。

LC-2512C1AJ 3つの特徴

  • 高生産・省エネ加工

    クリーンカットではCO2(4kW)と比較し、薄板領域での高速加工、コスト削減を実現し、さらに、レーザ発振用ガス不要で、省エネ効果を実現します。

  • 安全性と作業性の両立を確保

    レーザ光の漏れを完全にシャットアウトする安全設計。
    また、テーブルキャビンを開閉せずに材料のセットが可能です。

  • 工程集約・安定加工の実現

    タッピングツールを最大4種搭載し、タップ工程の集約が可能。また、ID金型システムにより、常に最適な金型コンディションを維持し、加工品質の安定化を実現します。

スペック詳細

プレス能力(kN)最大加工範囲(mm)発振器最大加工板厚(mm)
2003050×1525 (パンチ)
2500×1525 (レーザ)
AJ-2000
(定格出力:2kW)
最大加工板厚(mm)

私たちは、常に先端の設備を配置し、精密板金加工業の先頭を目指します。

  • 複合レーザー加工機(アマダ)

    薄板領域での超高速レーザ加工を実現することが可能となり、パンチング・成形・タップ加工とファイバーレーザ技術を統合することによる高効率加工、CO2レーザでは比較的加工が難しかった高反射材や難加工材まで対応しています。

    型式:ASR2512N(アマダ) 高速シャトルテーブル
    切断能力(SS材 板厚25mm ステン 板厚16mm)

  • アマダ製シートメタル
    自動収納庫(15段)

    1,219cm×2,438cm

    プレスブレーキ(アマダ)

    型式:HDS 1703LNT(アマダ)

    型式:HDS 1703NT(アマダ)
    曲げ加工能力
     SS材 板厚 9mm
     ステン 板厚12mm 
  • レーザー加工機(アマダ)

    小物から大物まで、薄板から厚板まで、小型から大型まであらゆるニーズに対応したフルラインナップ!
    アマダ独自のハイブリッド・ドライブシステムを搭載し、環境にも配慮したエコマシンです。

    型式:AS 3015 FO MⅡ(アマダ) 高速シャトルテーブル
    切断能力(SS材 板厚25mm ステン 板厚16mm)

設備リスト

  • レーザー加工機(アマダ)FO-30151
  • プレスブレーキ(アマダ)HDS1703NT1
  • 天井走行起重機(日立ホイスト)2.8t5
  • 形鋼切断専用機(アマダ)コンプレッサー400HD1
  • コンプレッサー20馬力2
  • 溶接機 CO2溶接機水冷式(パナソニック)360A6
  • CO2溶接機水冷式(パナソニック)200A1
  • TIG溶接機(ダイヘン)300P1
  • 直立ボール盤40mm2
  • ラジアンボール盤50mm1
  • タッピングボール盤(日立)B25YA1
  • エアープラズマ(ナショナル)2
  • エアープラズマ(ナショナル)TIG兼用機(C200)1
  • ユニットワーカー(タケダ機械)UW-451
  • AP1003